VLM Analyzer v1.0.0

限珠案を解析する「VLM Analyzer」をリリースしました。 VLM Analyzerの特徴は [math]n[/math]手五連(通常は[math]n=4, 5[/math])形式の問題を解図/解析可能 ほとんどの… 続きを読む »

五連の絡む禁手判定

過去の「連珠世界」を見ていたら「五連に絡む禁手判定について」(連珠世界2000年11月号)という記事がありました。 それによると 96年5月の連珠社総会において、五連にと同時に出来る三・四の扱いが変更されている。新しい規… 続きを読む »

影響領域と防手生成

追い詰めルーチンでは相手の 三、四などの追い手 ネライ手(Passすると禁手に極められる) の防手を頻繁に生成します。三、四の直接防手生成はパターンマッチングで容易に生成可能ですが、解禁する手など禁手に絡む防手生成処理が… 続きを読む »

禁手列挙

ある着手[math]m[/math]が禁手かどうかチェックする機能(禁手チェック)に続き、ある局面の禁手を列挙する機能を実装しました。 もちろん、局面の空点に対して禁手チェックを行えば禁手を列挙することは出来るのですが、… 続きを読む »

Renju record checker

Renjuプログラムのテストや性能測定の一部では過去に収集した棋譜を使っています。手元には ORC Game Center(約92万局) RenjuNet(約4万局) Renjuoffline(約11万局) の計107万… 続きを読む »

単一ビット/複数ビットの判定方法

禁手判定では四々、三々を判定するために「四が2つ以上あるか?」「見かけの三が2つ以上あるか?」をチェックします。REAL Coreではパターンの検索結果をビットで持つので「四/見かけの三が2つ以上あるか?」は「ビット列[… 続きを読む »

着手の禁手判定

正規局面[math]P[/math]における着手[math]m[/math]が禁手か判定することを考えます。なお、白番には禁手がないので手番は黒番であるとします。 公式ルールでは着手[math]m[/math]により以下… 続きを読む »

Renju SGF Parser

棋譜データベースを活用するためにRenju SGF ParserのVersion 1.0をリリースしました。 SGFファイルとして ORC Game Centerで公開されていた棋譜 Renjubaseでエクスポートした… 続きを読む »

スポンサーリンク