限珠案の余詰チェック結果(「高村政則詰め連珠作品集」編)

投稿者: | 2017-07-31

高村 政則さん著の「高村政則詰め連珠作品集」収録の80問についてVLM Analyzerで余詰チェックを行いました。以降、解析した問題の解答が出てくるので自力で解きたい方はご注意ください。

収録されている問題は「二手勝ち」「三手勝ち」「四手五連」「五手五連」の4通りの形式が収録されています。

  • 二手勝ち:25問
  • 三手勝ち:24問
  • 四手五連:30問
  • 五手五連:1問

VLM Analyzerは[math]n[/math]手五連問題を前提としているので二手勝ち、三手勝ち問題は解析結果を参考に個別に検討します。

VLM Analyzerで[math]n[/math]手五連問題として解析したところ

  • 「リ。」は余詰

となりましたが、個別に検討したところ余詰解はいわゆる「三手半」勝ちのため三手勝ちとしては余詰なしと言えると思います。

「リ。」

余談ですがこの作品集は作者である「タ」「ム」「ラ」「マ」「サ」「ノ」「リ」という文字型限珠案から始まり「オ」「ワ」「リ。」という文字列型限珠案で終わるという面白い趣向になっています。その「リ。」を解析した結果を紹介します。

解析結果を確認すると確かに正解(1手目GH)を含め2カ所で勝ちがありますが1手目KIとすると3手半勝ちになるため三手勝ちとしては余詰なしと言えると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です